国家試験受験生の生活費の賄い方

現役の学生ならともかく、社会人になってから公認会計士試験や税理士試験に挑戦する場合、通常は、仕事と勉強のバランスに悩むことになります。

生活費を賄う程度の収入も得ながら、かつ、勉強時間も確保したい・・・という会計士・税理士試験受験生の人ならば、経理派遣という選択肢が理にかなっていることになりますよね。

実際、そういうスタンスで仕事と勉強に取り組んでいる人は少なくないようです。

特に、経理実務経験者でエクセルのスキルや英語力があるような人なら、高時給の派遣就業も可能です。

おまけに最新の会計基準などの知識のある会計資格の受験生ですから、勤務先企業から歓迎されること間違いなし?

スポンサードリンク

どんな案件が人気?

会計士試験や税理士試験受験生に人気がある経理派遣の仕事といえば、「残業がない・残業が少ない」、「週3日」、「契約期間3カ月・6か月」など、時間や期間が限定的な案件でしょう。

短期派遣のお仕事情報はコチラ・・・

「試験直前期は勉強に集中したい」という人は、そうした希望を派遣会社の担当者に伝えておけば、契約期間を調整してもらえるものです。

会計事務所での仕事

会計事務所が派遣スタッフを募集していることもよくあります。

会計事務所での派遣就業は、通常は簿記資格の他、「会計事務所での実務経験」が必要になりますが、中には、「会計事務所未経験でも可」という案件もあったりします。

一度会計事務所での就業をしておけば、「会計事務所経験あり」として、後々の選択肢が広がることになるので、もしも会計事務所未経験の人で会計事務所就業のチャンスがあった際は、他の候補よりも多少時給が低かったとしても、選択肢に残すべきです。

不況期に社会全体の求人数がめっきり減った時でも、会計事務所の求人数は変わらない・・・なんてこともあったりします。

一般企業での経理経験が、会計事務所でも通用するかどうかは一概には言えないでしょうが、会計事務所の経験は一般企業でも通用すると考えられているようでもありますし・・・。

スポンサードリンク
スポンサードリンク